OpenSpaceの進捗状況追跡機能- 詳細はこちら

360° の建設現場画像記録

最も迅速かつ最も簡単な方法で作業現場と記録および把握。

Button PlayButton Play

see openspace in action

AI 機能を活用した新しいクラスの画像記録ツール

OpenSpace は、建設現場における自動化された 360° 映像記録およびマッピング ソリューションを開発しました。弊社のツールは最も高速かつシンプルで最先端のツールであることが実証済みです。

OpenSpace プラットフォーム

  • お客様のプロジェクトを
    短時間で撮影して記録
  • OpenSpace Vision Engine と
    安全なストレージ
  • シンプルなインタラクティブ表示と
    AI ツール

お客様の作業現場を
スピーディーかつシンプルに撮影

短時間でプロのようにプロジェクトの記録を作成。

完全に自動化された迅速な処理

カメラをオンにし、開始ボタンをタップして歩くだけです。弊社の建設現場画像記録ソフトウェアは、画像を 0.5 秒ごとに撮影し、自動的にプロジェクト図面に結び付けます。建設写真家は不要。OpenSpace Vision Engine は自動学習機能を搭載。現場撮影を 2 ~ 3 回行えば大半の現場は 10 ~ 15 分という短時間で画像データの自動編集が完了します。

簡単に情報を整理

OpenSpace Field Notes によって、歩きながら、お持ちのスマートフォンを使って詳細な画像やメモを追加できます。ソフトウェアによって、それらが図面上に自動的にピン留めされます。パンチ リスト、観察記録、RFI などの作業を簡単に処理できます。建設現場の画像記録を簡単にします。

柔軟なクロス プラットフォーム

OpenSpace は、Ricoh Theta、Insta360、Garmin Virb 360 をサポートしており、iPhone、iPad、Android デバイスで動作します。自動化された 360° の画像記録に加えて、360° の静止画とスマートフォンで撮影された画像もサポートしています。お客様がご使用のデバイスに関係なくサポートしています。

Construction worker using 3D scan
3D Scan による迅速かつ正確な測定

OpenSpace 3D Scan™ は、測定可能な 3 次元スキャンを業界最速の方法で実行できます。OpenSpace モバイル アプリを起動し、LiDAR 対応の iPhone または iPad Pro を振るとスキャンが開始されます。スキャンを間取り図にピン留めすると、数分以内にオフィスや世界中にいる OpenSpace ユーザーが画像を開いて、2 インチ以内の精度で測定を行うことができます。3D Scan を使用すると、簡単に離れた場所から測定したり、スキャンをダウンロードして Revit や Navisworks などの VDC ツールにインポートすることもできます。

 

いつでもどこからでもお客様の作業現場を目視で確認

OpenSpaceの撮影は非常にシンプルであるため、完全で最新の記録を作成できます。24 時間 365 日、いつでもリモートからサイトにアクセスできます。

どこからでも追跡および確認

トレーラー、オフィス、地球の反対側など、どこからでも作業の進捗状況を追跡できます。Splitscreen を使用すると、2つの日付を選択して、コンクリートが流し込まれる前または乾式壁が設置される前の写真を確認できます。現場では、スマートフォンで表示モードを使用して、現在と過去の状態を比較することもできます。

必要な方法でデータを共有

OpenSpace を使用して撮影された画像データはお客様の所有物であり、必要な方法で共有できます。カスタム ビュー機能を使用すると、共有するデータを選択できます。また、引き継ぎパッケージ用のオフライン提出物も提供します。また、AutoReports 機能により、わずか数回クリックするだけで PowerPoint のレポートを生成することもできます。

ワークフローを中心に構築された統合

OpenSpace の現場画像記録ソフトウェアは、お客様が日常的に使用するツールと統合されています。PM ソフトウェアのホームページから OpenSpace を直接表示し、画像データを RFI、観察記録、懸案事項などに直接エクスポートできます。同じ情報を何度も入力する必要はありません。

BIM Compare

OpenSpace の BIM Compare を使用すると、現場の実際の状況と BIM を比較する作業をすべてブラウザーで実行できます。BIM Compare はクラウドベースで豊富な機能を備えています。レイヤーのオン/オフ、スナップ測定など、お客様のモデルで必要なすべての機能が用意されています。

シンプルで洗練された AI ツールで
お客様の現場を的確に把握

OpenSpace を使用すると、必要なデータを確実に収集できます。
また、OpenSpace ClearSight によって、これまでになく正確に現場の進捗状況を把握できるようになります。

進捗状況をスピーディーに把握

進捗状況ビューで作業の完了率、設置済みの分量、場所、封鎖エリアをすばやく確認できます。日次および週次の進捗調整会議に最適です。

期間と生産性を追跡

直観的な生産性ビューで生産速度を初めて客観的に測定できます。ボタンをクリックするだけですべてのデータをエクスポートして、PowerBI やその他の分析ツールで利用できます。

プロジェクト全体の活動を追跡

週次や月次の OAC および職長による進捗調整会議で有効な機能です。概要表を使うと、プロジェクト全体における各請負業者の活動の進捗状況が即座に把握できます。予算を上回ったり、スケジュール遅延などが発生しないように問題が顕在化する前から作業員の活動を把握することが可能です。

自分の目で 3D を確認

ドールハウス ビューを使って部屋や廊下に入り、進歩に影響を与えている原因を正確に把握できます。クライアントに進捗状況を更新する際に最適です。