OpenSpaceの進捗状況追跡機能- 詳細はこちら

建設業者を建設に専念させるために

手頃な価格の住宅の減少、時代後れなインフラ、老朽化した電力網などが、国や世界が直面している重大かつ緊急の問題となっています。しかし、私たちはいまだにこれらの問題に勇敢に立ち向かっているとはいえません。その理由の1つは、今日のオフィスワーカーが当たり前に使用している強力なツールを建設業者にに提供できていないことです。革命をもたらす時が来ました。

各工事現場でタイムマシンを作成

OpenSpaceには、現実世界で生活する人々が効率的に作業を撮影・記録・分析し、作業を完了できるようにする最先端のテクノロジーが搭載されています。自動運転車の感知・ナビゲーション用AIシステムにも用いられるこのテクノロジーを使用して、各工事現場で仮想タイムマシンを作成しています。

当社は建設および運営コスト、時間、課題を削減することで建設業および不動産管理業の働き方を革新し、人々による建設環境の管理方法の変革に取り組んでいます。たとえ1%しか節約できなかったとしても、結果は大きく異なってきます。しかも、当社が実現する節約は1%を遥かに超えます。

  • これまでに5億平方メートルを撮影
  • これまでに3億枚の写真を撮影
  • プロジェクトは55カ国をカバー

コンピュータビジョンの専門家として、業界のベテランとして

OpenSpaceチームのメンバーは、コンピュータビジョン分野の専門家であると同時に、建築業界のベテランでもあります。チームのメンバーはMIT、カリフォルニア工科大学、スタンフォードで博士号を取得しており、コンピュータビジョン分野でトップレベルの技術を有しています。これまでにテクノロジー企業数社を設立・売却しており、売却総額は1億ドルを超えます。さらに、メンバーはこれまでプロジェクトエンジニアやプロジェクトマネージャとして、実際に現場を理解し、オフィス、ビル、病院などの様々なタイプの建築プロジェクトに参加し、実際に経験を積んできました。

現場で考案、現場で開発

OpenSpaceの制作は会議室ではなく工事現場で考案されました。建築業界に貢献してきた当社CEOは、建設業者が日々直面している課題を明確に把握することができたため、OpenSpaceを設立し、これらの課題を解決しようと考えました。設立初日から工事現場でアイデアを検証し、工事現場やオフィスの作業員たちが「この製品が完成したら、必ず購入して毎日使います」と言うまで、試作品の改善を続けてきました。

こうして製品を完成させ、OpenSpaceの名称で設立された当社は、現在も着実な経営を続けています。

創業者

Jeevan Kalanithi、CEO

Jeevanは最初の会社であるSifteoを3D Roboticsに売却し、後に3D Robotics当社の社長に就任。従業員200人以上を抱える3DRでは、ドローンを発売し、最初の一年で4500万ドルを売り上げました。また、3DR はAutodeskと提携し、現場を記録・分析するツール「Site Scan」も発売しています。その後、JeevanはLux Capitalに客員起業家として勤務しました。Jeevanはスタンフォードで学士号、MITで修士号を取得。MITではアメリカ国立科学財団の研究員も務めました。

Philip DeCamp, CTO

Philipは最近まで博士号(学士号および修士号も)を取得したMITでコンピュータビジョンとデータ視覚化研究の研究員として務めていました。彼の研究はTEDなどで取り上げられています。

Michael Fleischman、主任研究員

MITで博士号を取得したMichealは、大量の動画分析を専門に行うBluefin Labs社を設立。TwitterによるBluefinの買収は、過去最大の買収案件の1つとなりました。Michealは最近まで、TwitterのCTOアドバイザーを務めていました。

出資者

OpenSpaceの出資者たちには世界トップクラスのテクノロジー系ベンチャー企業だけではなく、ゼネコン、コンストラクションマネージャー、デベロッパー、オーナーも含まれており、当社に出資する前は当社のお客様でした。資金基盤は強固で、これまでに8850万ドルを調達しております。当社はより良い製品開発と適切な問題解決をサポートしてくれる強力な建設業者ネットワークを有しており、出資者と互恵関係の構築を実現しています。

是非、一緒に働きましょう!

私たちと一緒に使命を成し遂げてみませんか?是非、一緒に働きましょう!当社は、顧客に価値を作り出し、共に業界を発展させていく賢くかつ勤勉で誠実な人を常に探しています。

採用ポストの表示