OpenSpaceの進捗状況追跡機能- 詳細はこちら

Home / Resources / 導入例 / Tishman Speyer社はどのようにOpenSpaceを利用してテナントとの信頼性を築き、意思疎通を向上したか

Tishman Speyer社はどのようにOpenSpaceを利用してテナントとの信頼性を築き、意思疎通を向上したか

1978年に創業したTishman Speyer社は世界中の一流不動産のオーナー、デベロッパ、オペレータ、ファンド マネージャなど様々な顧客のスペース ニーズを満たしています。

Tishman Speyerは引き渡しの改善や業務効率の向上を支援する最先端のテクノロジを探していて、OpenSpaceの潜在能力に注目しました。現場チームが360度画像をシームレスにキャプチャして、複雑なプロセスとワークフローを改善するためです。さらに、チームが壁の向こう側を見たり、フレーミング、電気設備、配管、鉄筋などの状況をキャプチャして後任者に引きつぐことも必要でした。これまでになかった「x線ビジョン」では他にも、コストのかかかる手直しを防ぎ、既存テナントの履歴を最小化してきます。壁の断面を大きく開けてみなくても、注視すべきところを正確に捉えられます。

このケーススタディをご覧になれな、OpenSpaceとの協業により、Tishman Speyer社がどのように信頼できる唯一の情報源をもとにスムーズな引き渡し、ステークホルダーの意思疎通の改善、現場での大幅な時間短縮、コラボレーションの向上、コストのかかかる手直しの回避による利益を得ているかがわかります。

このケース スタディで取り上げている製品とテクノロジの詳細情報:

Tishman-Speyer-JA-Case-Study-thumb Download the Case Study
「2D写真に既存のやり方より1000倍の価値があり、3D写真に100万倍の価値がある。そして、OpenSpaceのキャプチャには価値が付けられない」

Eleftherios Pittas氏

設計および建設担当取締役

Tishman Speyer

Tishman Speyer logo
OpenSpace では、建設に新たなレベルの透明性をもたらすことをミッションとしています。 シンプルな既製品の 360° カメラ、コンピューター ビジョン、AI を組み合わせたOpenSpaceのフラットフォームは完全な視覚的記録で現場をキャプチャして、クラウド経由で共有することで、非常に簡単な方法で進捗状況をリモートで追跡できます。 当社のお客様は、このプラットフォームを使用して、5 大陸の 91 か国の現場から、100 億平方フィートを超える建設プロジェクトの 6 億枚を超える画像を撮影しています。