Save the Date: Waypoint 2024 is set for October 10th!

リソース / ケーススタディ / 壁を壊す手間を省き、時間の節約 を実現したKitchell社のOpenSpace 3D スキャン活用

壁を壊す手間を省き、時間の節約 を実現したKitchell社のOpenSpace 3D スキャン活用

Kitchell logo

アリゾナ州フェニックスに本社を置き、1950年に設立されたKitchell Corporationは、コンセプトからテープカットまで、不動産と建設分野のリーダーとして活躍しています。同社は、ヘルスケアの試験運用を成功させた後、すべてのプロジェクトでOpenSpaceを使用しています。

Kitchell社の建設プロジェクトにおいて、スキャンは常に労働集約的で高価な側面を持っており、同社は高価な機器を購入することなく、現場のスキャン時間を短縮したいと考えていました。OpenSpaceが3D スキャンの新機能を発表したとき、フェニックスに拠点を置くフィールドエンジニアのJeff Mandersはぜひ試したいと思いました。

このケーススタディでは、Kitchellのチームがどのように3D スキャンを使用して迅速かつ高精度な測定を行い、それを自動的にプロジェクトプランにマッピングしてすべての関係者がアクセスできるようにしているかをご紹介します。また、このテクノロジーがKitchellの手戻りを減らし、問題解決を加速させるためにどのように役立っているかをご紹介します。

 

このケーススタディで紹介されている製品およびテクノロジーについて、さらに詳しくご覧ください。

Kitchell Japanese Case Study ケーススタディを取得する
“このような情報を収集し、何らかの理由でそれを共有するのが驚くほど簡単です。 1部屋あたり20秒もかかりません.”

Jeff Manders

フィールドエンジニア

Kitchell

kitchell logo
OpenSpace では、建設に新たなレベルの透明性をもたらすことをミッションとしています。 シンプルな既製品の 360° カメラ、コンピューター ビジョン、AI を組み合わせたOpenSpaceのフラットフォームは完全な視覚的記録で現場をキャプチャして、クラウド経由で共有することで、非常に簡単な方法で進捗状況をリモートで追跡できます。 当社のお客様は、このプラットフォームを使用して、5 大陸の 91 か国の現場から、100 億平方フィートを超える建設プロジェクトの 6 億枚を超える画像を撮影しています。