OpenSpaceの進捗状況追跡機能- 詳細はこちら

Home / Resources / 導入例 / CEC社はOpenSpaceをどのように利用してゼネコンとの意思疎通を改善したか

CEC社はOpenSpaceをどのように利用してゼネコンとの意思疎通を改善したか

CEC Facilities Groupは、テキサスで最も急速に成長しているトップクラスのスペシャルティーサブコントラクターで、テキサスの本拠点よりは米国全土のクライアントにサービスを提供しています。CECのソリューションは、電気設備、機械、配管、テクノロジ、A/V、修理、設置を網羅したものです。

CECは、ゼネコンとの話し合いに向けた写真記録の改善を目的にして、OpenSpaceを訪ねて来ました。CECのチームメンバーは度々作業を開始する前に作業現場の正確な状況を示す必要に迫られています。そこで、写真記録を徹底的でナビゲーションしやすいものにして、ゼネコンに現場のリアルな状況を即座に示すことが最優先となりました。また、テクノロジ採用までの期間短縮を確実にして、その価値を早くに実証することも要求されていたので、ツールの使いやすさも最優先事項であったのです。

このケース スタディをご覧になれば、OpenSpaceとの協業により、CECがどのようにして作業現場の記録にかかる時間を大幅に短縮、問題解決や意思疎通の改善、ハイレベルのプラットフォーム アダプションを実現できたかわかります。

CEC Case Study Download the Case Study
「OpenSpaceなら、QA/QCチームは文書業務に煩わされることなく、物事を見ることに時間をかけられる。文書の完成度が高いと、当社の立場が明確になるので、十分な根拠もなくプロジェクトが遅れることに対抗できる」

Jared Peinado氏

プロジェクト管理担当ディレクタ

CEC

CEC logo
OpenSpace では、建設に新たなレベルの透明性をもたらすことをミッションとしています。 シンプルな既製品の 360° カメラ、コンピューター ビジョン、AI を組み合わせたOpenSpaceのフラットフォームは完全な視覚的記録で現場をキャプチャして、クラウド経由で共有することで、非常に簡単な方法で進捗状況をリモートで追跡できます。 当社のお客様は、このプラットフォームを使用して、5 大陸の 91 か国の現場から、100 億平方フィートを超える建設プロジェクトの 6 億枚を超える画像を撮影しています。