July 11 demo day: OpenSpace for electrical contractors (all welcome!)

リアリティキャプチャ 101

By Claudia Thijs

5月 24, 2023

Men on construction site wearing hard hats with 360 cameras attached

建設におけるリアリティ キャプチャとは何ですか?また、その利点、用途、制限は何ですか? 私たちは、建設業界における最新のイノベーションとテクノロジーに遅れずについていくことは非常に簡単では無いことを認識しています。これらの質問に答えるために役立つガイドを作成しました。是非答えを見つけて見てください。

リアリティキャプチャは、建設写真のドキュメンテーションで何に使われ、どのように機能しますか?

リアリティキャプチャは、建設業界を変革する最も革新的な技術の一つです。リアリティキャプチャのソリューションは、建設業者が実際の現場状況をデジタルで撮影、共有、分析することで、手作業に代わって、より迅速でスマートな意思決定を可能にするものです。このソリューションでは、レーザースキャン、ドローン、スマートフォンの写真、OpenSpaceの場合は高解像度の360°画像などを活用できます。歴史的に、リアリティキャプチャはレーザースキャンで360°画像をキャプチャすることで成り立っていましたが、OpenSpaceは、より費用対効果が高く効率的な方法として、通常の現場歩行の際に人のハードハットに取り付けられた360°カメラでキャプチャすることでリアリティ・キャプチャを先導しています。キャプチャデータをクラウドにアップロードすれば、プロジェクト関係者はデスクや世界のどこからでも画像にアクセスして仮想的に現場を歩き、ほぼリアルタイムで現場の状況を確認し、問題を迅速に特定することができます。

OpenSpaceのようなリアリティキャプチャ・プラットフォームを使用することで、規模問わず、多くのプロセスを大幅に効率化し、単一プロジェクトや会社全体の複数プロジェクトで大幅なコスト削減を実現することができます。出張費用の削減やコミュニケーションの改善から、プロジェクト管理能力の強化及びQA/QCの強化まで、リアリティキャプチャを利用する企業は、投資に対する大きなリターンを得ています。

リアリティキャプチャとサイトキャプチャの違いは何ですか?

リアリティキャプチャは、サイトキャプチャやジョブサイトキャプチャと本質的に同じです。リアリティキャプチャという言葉は、かなり以前からあり、レーザースキャナーやLiDARを使った非常に忠実な3Dキャプチャを指す言葉としてよく使われています。しかし、OpenSpaceが可能にする低コスト、使いやすさ、キャプチャの頻度によって、この技術は、より伝統的なキャプチャ手段に代わる魅力的で新しい選択肢となります。

私たちは、OpenSpace テクノロジーについて考える方法として「リアリティ キャプチャ」を好みます。なぜなら、私たちのソリューションはこれらの入力を超えて、ドローン上のカメラ (Insta360 Sphere をサポート)、360° カメラ、iPhone など、思い通りの方法でキャプチャできるからです。 Android 携帯電話、LiDAR スキャナ、さらには Spot the Dog のようなロボットも含まれます。 さらに、リアリティ キャプチャにより、建築業者は物理空間や構造物の高精度かつ包括的なデジタル レプリカ (またはデジタル ツイン) をほぼリアルタイムで作成できるため、建設現場に行かなくても現実を厳密にシミュレートできます。 最新の状況や進捗状況を追跡します。

OpenSpaceのリアリティキャプチャとは?

OpenSpaceは、迅速な改修から複数年にわたるメガプロジェクトまで、あらゆる形や規模のプロジェクトを抱える建設業者向けのリアリティキャプチャとAIを活用した分析におけるグローバルリーダーです。OpenSpaceを使えば、建設現場の包括的なビジュアル記録を迅速かつ簡単にキャプチャして、現場作業の検証、紛争解決の簡素化、チームの説明責任を果たすことができます。AIを搭載したコンピュータビジョンと分析ツールにより、BIMとAs-builtの比較、進捗の自動追跡、スケジュール維持など、チームに必要な可視性と洞察を提供します。強力な統合機能とフィールドノート機能により、ワークフローを合理化し、より良いコミュニケーション、よりスマートなリソース配分、より迅速な意思決定を可能にします。世界91カ国、10万人以上のユーザーがOpenSpaceを利用して、常に期限内に、予算内で仕事を終わらせています。

既存の建設プロジェクトのワークフローにリアリティキャプチャを組み込むには、どのような方法があるのでしょうか?

当然ながら、リアリティキャプチャーはドキュメンテーションのプロセスに使用されます。これは、特定の時点で何かがどのように構築されたかの状態を表す画像とデータの基礎として機能します。文書化の枠を超えた調整と進捗状況の追跡をすることで、リアリティ キャプチャを建設プロジェクトのワークフローに統合できます。

建設業者がリアリティ キャプチャを既存の建設ワークフローに統合する一般的な方法をいくつか紹介します。

  • OACミーティングでの参考資料としてキャプチャデータを使用
  • RFIの質問または解決策を補足
  • 品質管理のため、キャプチャデータを活用して現場の状況を設計意図と比較

現実のキャプチャデータを見ることで、建設業者は現場に行かなくても十分な情報を得た上で意思決定をすることができます。これにより、関係者間のコミュニケーションスピードが向上し、プロジェクトの効率的な進行が可能になります。

リアリティ キャプチャにはどのような制限があり、どのように対処すればよいでしょうか?

リアリティ キャプチャには、時間、ロジスティクス、コスト、品質、データ管理など、いくつかの制限があります。 それぞれを詳しく見てみましょう。

  • 時間: プロジェクト内で、誰かが現場でのリアリティ キャプチャの実行に専念できるのは、一定の時間だけです。 これにより、キャプチャできなかった領域のデータが不完全になる可能性があります。
  • ロジスティクス: リアリティ キャプチャの実行に割り当てられた人員と、いつ、どこで作業が行われるかを中心に、何らかの種類の組織が存在する必要があります。 実行されているリアリティ キャプチャの種類によっては、プロジェクトの特定の領域に、スケジュールされた時間または希望の時間にアクセスできない場合があります。 構造化されたプロセスを導入できない場合、プロジェクト チームが使用できるデータが制限される可能性があります。
  • コスト: リアリティ キャプチャ ソリューションの価格は同じではなく、必要な機器の高度さに応じてアプローチが異なる場合があります。 一部のソリューションは、定期的にのみ使用される多額の初期投資を必要とするため、既知の投資収益率を達成するまでに時間がかかる場合があります。
  • 品質: データの品質は、テクノロジー、時間帯、またはキャプチャ時の既存の環境によって異なります。
  • データ管理: リアリティ キャプチャでは大量のデータが生成されるため、そのすべてのデータを効果的に保存、処理、管理する必要があります。

これらの制限に対処するには、次の戦略を含む、さまざまな方法があります。

  • 頻繁に使用できる、手頃な価格のリアリティ キャプチャ ソリューションを見つけてください。
  • データを使用できる期間内で、分析用でキャプチャしたデータを処理して返すことができるリアリティ キャプチャ ソリューションを選択してください。
  • 機器の操作が簡単で、プロジェクトの誰でも使用できるソリューションを使用してください。
  • 現場チームが同意する捕獲スケジュールを作成して従うことで、タイミングやエリアへのアクセスを調整することができます。

リアリティキャプチャに関連するコストと、ROIはどのように計算できますか?

リアリティ キャプチャに関連するコストを調べる方法は 2 つあります。1 つはテクノロジ自体のコスト、もう 1 つはテクノロジによってもたらされる大幅なコスト削減です。

リアリティ キャプチャ ソリューションのコストを調査するときは、まず、現在のドキュメントに費やす費用、つまり現在使用しているテクノロジー、または手動の方法で費やされるチームの時間の金額を考慮することから始めます。 リアリティ キャプチャ ソフトウェアの価格は、プロジェクト サイトの規模、必要なソフトウェアや機能の種類、キャプチャの頻度に基づいて決定される場合があります。

たとえば、OpenSpace は、必要な製品と行っている建設の量に基づいて柔軟な価格設定を提供します。 OpenSpace の価格設定は、短期間の改修プロジェクトから複数年にわたるメガプロジェクトやグローバル ポートフォリオまで、あらゆるものに合わせてビジネスに合わせて調整でき、年間サブスクリプションで無制限のキャプチャとユーザーがカバーされます。

コスト削減の点では、建設業者は OpenSpace のようなリアリティ キャプチャ ソリューションを使用することで、建設のあらゆる段階だけでなくそれ以降でも大幅な節約を達成できます。 OpenSpace を使用して時間とお金の節約が期待できる方法をいくつか紹介します。

  • 出張コストの削減 – 関係者は仮想的に現場を歩き回ることができ、チームはリモートで進捗状況を監視できるため、チームは最新の状況を確認したり、問題を特定したり、作業が完了したかを確認するために現場に赴く必要がなくなります。
  • 複雑な調査が減り、やり直しが少なくなります – 何が設置されているかを理解するために効果的に直接見ることができれば、壁を開いたり、天井に切り込んだり、スラブをデモしたりする必要はありません。
  • 保険料の割引(米国の例) – 運送業者は、現実を捉えることで可視性が向上し、その結果、建設におけるリスクと不確実性が軽減され、請求が簡素化されることを認識しています。 その見返りに、シェパードのような一部の企業は、この技術を使用する建設業者に保険料の割引を提供しています。
  • サイトのドキュメントをより迅速かつ堅牢に – チームが手動で写真を撮影するのに毎週費やす時間を合計すると、その数は驚くべきものになる可能性があります。 受動的な自動化された方法を採用すると、文書化に費やす時間が大幅に短縮されると同時に、現場のより詳細な情報と範囲が提供されます。
  • より効果的なフィールド ノートと RFI – フィールド ノートをフロア プランに自動的にマッピングする OpenSpace のようなソリューションを使用すると、変更注文、RFI、品質保証などのコア プロセスが高速化され、わずか数クリックで調整が向上します。
  • より効率的な画像の整理 – 画像の整理、検索、関係者との共有は、時間がかかり、終わりのない作業のように思えます。 リアリティ キャプチャ ソリューションを使用すると、チームは数回クリックするだけで適切な画像を簡単に見つけて関係者に送信できます。
  • 安全性と QA/QC 検査の向上 – リアリティ キャプチャは現場の完全なデジタル記録を提供するため、安全検査の実施、安全報告書の提出、完了した作業の QA/QC の実施がはるかに簡単になります。
  • より良い見切りパッケージの作成 – リアリティ キャプチャを使用すると、チームは 360° 画像を施設チーム向けの包括的な見切りパッケージにすばやくコンパイルし、ライフサイクル全体にわたる建物のメンテナンスを容易にすることができます。

リアリティ キャプチャは品質管理や検査にどのように使用できますか?

以前は、QA/QC チームは検査要件を満たすためにプロジェクト現場に赴き、携帯電話で写真を撮っていました。 また、品質管理は伝統的に現場で行われてきましたが、最新のテクノロジーを使用してリモートで完了できるもう 1 つの中核機能です。 現在、企業は品質管理や検査、安全上の危険を特定するために視覚データをますます活用しています。 リアリティ キャプチャを使用すると、チームは 360° カメラをヘルメットに取り付けて現場を歩くだけで、OpenSpace がバックグラウンドでキャプチャし、画像をプロジェクト計画に自動的に固定することに集中できます。

たとえば、チームは、安全上の問題を引き起こしている手すりが設置されていないバルコニーや、はしごが取り残された廊下を目にする可能性があります。 さらに、360° リアリティ キャプチャのおかげで、この重要な作業をリモート サイト管理プロセスの一部にすることができます。これは、360° 画像の驚くほど詳細な情報により、実際に現場を歩いているのと同じくらい簡単に問題や矛盾を特定できるためです。 。 OpenSpaceのお客様は、品質管理能力の向上により、より早く問題を発見できるため、安全性の向上、リスクの低減、手戻りの回避を報告しています。 このテクノロジーにより、チームはほぼリアルタイムでアップデートを迅速に提供し、仮想サイトのウォークスルーを実施できるようになり、すべてのプロジェクト関係者に進捗状況の確認、品質管理の追跡、さまざまな検査の確認の機会を提供します。

リアリティ キャプチャは BIM 360 およびプロジェクト管理ソフトウェアとどのように連携しますか? リアリティ キャプチャは Navisworks および 3D モデル ソフトウェアとどのように連携しますか?

リアリティ キャプチャは、BIM 360 や、Procore、PlanGrid、Autodesk Construction Cloud などのトップの建設プロジェクト管理ソフトウェアと連携して、大量の現場データを迅速に取り込み、そのデータをこれらのシステム内のワークフローにプッシュする方法を提供します。 理想的には、現場とオフィス間のコミュニケーションの効率が向上します。

リアリティ キャプチャは Navisworks/3D モデル ソフトウェアと連携して、現場で実際に何が起こっているかを表示します。 Navisworks は、複数のモデルを「フェデレーション」モデルに結合できるプログラムです。 Navisworks 内では、結合されたモデルに対して干渉検出解析を実行するのが一般的です。 これは通常、構築段階で発生するクラッシュの数を制限するために、設計段階で行われます。 リアリティ キャプチャが提供するキャプチャ データは、設計意図を表すため、フェデレーション モデルと比較できます。 この比較により、不一致を視覚的に確認する方法が提供され、不一致を指摘してプロジェクト管理システムにプッシュして効率的に解決できます。

建設現場ではどのような種類のリアリティ キャプチャ テクノロジーが利用できますか?

現在、建設業界では次のような多数のリアリティ キャプチャ テクノロジーが使用されています。

  • レーザー スキャン: レーザー スキャナーはレーザーを使用して物体または環境上の何百万ものデータ ポイントをキャプチャし、3D モデルの作成に使用できる高精度の点群を作成します。
  • 写真測量: 写真測量では、複数の角度から撮影した写真を使用して、物体または環境の 3D モデルを作成します。 ソフトウェアは写真を分析して共通点を特定し、それらの間の距離を計算してモデルを作成します。
  • LiDAR (光検出および測距): LiDAR は、レーザー パルスを放射し、レーザーがセンサーに反射するまでの時間を測定することによって機能します。 このデータは、オブジェクトまたは環境の 3D モデルを作成するために使用されます。
  • 構造化光: 構造化光スキャナーは、プロジェクターを使用して光のパターンを物体または環境に投影します。 次に、スキャナーがパターンの歪みを測定して 3D モデルを作成します。
  • サーマル イメージング: サーマル イメージングでは、赤外線技術を使用して物体または環境から温度データを取得します。 このデータを使用して、物体または環境の熱マップを作成できます。
  • ソナー: ソナーは音波を使用して水中環境の 3D マップを作成します。 ソナーは音波を発し、音波がセンサーに戻ってくるまでの時間を測定します。

建設現場の文書化と管理にリアリティ キャプチャを使用する利点は何ですか?

リアリティ キャプチャは、レーザー スキャナ、カメラ、ドローンなどのさまざまなセンサーを使用して、物理的オブジェクトまたは環境の 3D モデルを作成するプロセスです。 このテクノロジーは、次のようなさまざまな方法で建設現場の文書化と管理に使用できます。

  • 現況モデルの作成: リアリティ キャプチャを使用して、建設現場の正確な現況モデルを作成できます。これを使用して、進捗状況を追跡し、潜在的な問題を特定し、紛争を解決できます。
  • 計画とスケジュール: リアリティ キャプチャを使用して、提案された建設プロジェクトの 3D モデルを作成し、作業をより効率的に計画およびスケジュールするために使用できます。
  • 品質管理: リアリティ キャプチャは、品質保証を目的として建設工事を検査し、潜在的な欠陥を特定するために使用できます。
  • 安全性: リアリティ キャプチャを使用して建設現場の 3D モデルを作成し、潜在的な安全上の危険を特定し、安全な作業手順を開発するために使用できます。
  • コミュニケーション: リアリティ キャプチャを使用して建設現場の 3D モデルを作成し、クライアント、下請け業者、規制当局などの関係者とのコミュニケーションに使用できます。

リアリティ キャプチャは、建設プロジェクトの効率、精度、安全性を向上させるために使用できる強力なツールです。 建設現場の文書化と管理にリアリティ キャプチャを使用すると、次のような利点があります。

  • 精度: リアリティ キャプチャはデータを非常に正確にキャプチャする方法であり、より正確な完成モデル、計画、スケジュールを作成できます。
  • 効率: リアリティ キャプチャは、現況調査や品質管理検査など、現在手動で行われているタスクの多くを自動化することで、時間と費用を節約できます。
  • 意思決定の向上: リアリティ キャプチャにより、意思決定者は建設現場のより完全かつ正確な画像を得ることができ、より適切な意思決定につながる可能性があります。
  • リスクの軽減: リアリティ キャプチャは、潜在的な安全上の危険やスケジュールの遅延などのリスクを特定し、軽減するのに役立ちます。
  • コミュニケーションの改善: リアリティ キャプチャは関係者間のコミュニケーションを改善し、よりスムーズで効率的な建設プロセスにつながります。

建設プロジェクト管理にリアリティ キャプチャを使用するためのベスト プラクティスは何ですか?

  • キャプチャ スケジュールを設定し、各レベルを頻繁に、または少なくとも週に 1 回キャプチャします。
  • リアリティ キャプチャ ソリューションは、あらゆる会議中にビジュアル コミュニケーションの形式としてプロジェクトを表示する方法として使用します。
  • 取得したデータを、電子メールの送信、プロジェクト管理プラットフォームでのドキュメントの記入、変更指示や支払い申請の検証などの日常のワークフローに組み込んで活用します。

リアリティ キャプチャは現場の巡回に役立ちますか?また、機械学習はどのようにそこに組み込まれるのでしょうか?

360° リアリティ キャプチャは、一般的なプロセスとワークフロー、特に現場の文書化を簡素化するのに役立ちます。 OpenSpace を使用すると、現場を簡単にキャプチャできます。 機械学習は、コンピューターが特定の指示なしでパターンと解決策を見つける方法です。 機械学習アルゴリズムは、タスクを実行するように明示的にプログラムされていなくても、トレーニング データに基づいて数学的モデルを作成し、将来の結果を予測します。 当社のビジョン エンジンは、各キャプチャ トラックとウォーク トラックをトレーニング データセットとして使用します。 あなたが現場を歩くたびに、ビジョン エンジンはあなたがいる 3D 環境についてさらに学習し、画像をより速く、より正確に位置合わせしてマッピングできるようになります。 サイトを歩き回れば歩くほど、ビジョン エンジンはより多くのことを学習します。

リアリティ キャプチャはBIM(ビルディング インフォメーション モデリング)にどのように使用できますか?

レーザー スキャンなどのリアリティ キャプチャは、既存の状況を高レベルの精度で表現するモデルを構築するのに役立ちます。 場合によっては、これらのスキャンから生成された点群が、BIM 調整プロセス中にさまざまなシステムを経由できる構造的な背景として機能することがあります。

OpenSpace のリアリティ キャプチャは、リーン コンストラクションの原則をどのようにサポートしていますか?

もともとリーン生産の原則に基づくリーンコンストラクションは、可能な限り効率的にプロジェクトを遂行するための強力な方法として発展してきました。360°リアリティキャプチャなどの建設技術の急速な進歩により、リーンプロジェクトはさらに効率的になり、チームはクライアントのためにより良い結果を出すことができるようになってきています。OpenSpaceのようなリアリティキャプチャ技術は、建設会社がリーン原則を遵守するために、チームに独立した真実のソースを提供し、互いに責任を負わせることで、新しい業務効率を引き出し、作業の進捗状況をより良く可視化し、コミュニケーションの改善をサポートします。

リアリティ キャプチャを使用することで、チームは現場の状況に対する応答時間が短縮され、リソースの割り当て方法をより適切に日常的に制御できるようになり、より協力的にタスクを順序付けしてフローを改善できるようになります。 リーン原則を適用するチームは、輸送、在庫、移動、待機、過剰生産、過剰加工、欠陥、スキルという「8 つの無駄」を回避することを目指しています。 これら 8 つの無駄を回避するために、建設チームはベスト プラクティスとリアリティ キャプチャなどの新しいテクノロジーを使用して、より効果的に連携しています。

具体的には、OpenSpaceは、移動の必要性を最小限に抑え、手戻りや破壊的な調査を避け、無駄を省き、新しい業務効率の源泉を作り出すことで、企業が無駄のないプロジェクトを実現することを支援し、その結果、より良いスケジュール管理、進捗管理、コミュニケーション、透明性、説明責任、調整を可能にします。