Big news for builders! OpenSpace BIM+ now available!

AIを活用したOpenSpaceのデジタル画像がもたらす価値

By Customer Support

OpenSpaceは、コンピュータビジョン、人工知能(AI)、3Dモデリングを活用し、建設業界に役立つ最先端のリアリティキャプチャ技術を開発しました。OpenSpaceは、カメラをヘルメットに取り付けて現場を歩くだけで現場の360°画像を簡単に撮影することができます。これにより、手作業で現場を撮影する場合と比べて、わずかな時間で撮影することができます。

OpenSpaceのプラットフォームは、AIが画像を自動的に図面にマッピングします。そのため、手動での修正や位置を合わせる手間が省けます。また、撮影した画像はすぐにアップロードされ、その日のうちに世界中のどこからでもリモートで確認することができます。さらに、OpenSpaceには機械学習機能が組み込まれているため、アップロードのプロセスも時間の経過とともに高速化されます。

OpenSpaceのCEOであるJeevan Kalanithiは、次のように述べています。「OpenSpaceでは、お客様のプロジェクトの完全な画像記録を簡単に作成し、いつでも、どこからでも見ることができるようにします。さらに、システム内の全データを取得し、AIによる分類や数値化も行っています」。

記事全文はこちら(英文)でお読みいただけます。

Loading form...