June 13 webinar:  Cleveland Electric & OpenSpace use cases

「OpenSpace BIM +」BIMを現場へ

By Claudia Thijs

9月 6, 2023

Announcing OpenSpace BIM+

設計やエンジニアリングの専門家はBIMを広く採用しているが、現場チームはそれに追随しないこともあります。3Dモデルは建設に不可欠な要素ではあるが、3Dモデルを扱うには多くのハードルがあり、それがプロジェクトコストを押し上げ、スケジュールを遅らせる原因にもなります。

これはすべて、当社の最新製品の導入で変わろうとしています!OpenSpace BIM+を導入し、ついに現場でのBIMコーディネーションが解禁されます。

業界をリードするリアリティ・キャプチャ・ソリューションを基盤に、VDCと現場チームの結束を支援することが私たちの目標です。OpenSpace Captureの人気のあるBIM比較機能は、現場チームがOpenSpace 360°キャプチャに完全に整合されたモデルで、現場の状況をナビゲートし、プロジェクトのBIMと比較できるようにします。前四半期では、半数以上のお客様がこの機能を使用し、私たちの最もアクティブなお客様の代表となりました。このようなすべてのお客様に、強力な新しい BIM 機能をお届けできることはとても嬉しく思います。

 

 

 

Discover OpenSpace BIM+

現在アーリーアクセス中のOpenSpace BIM+は、リアリティキャプチャと使いやすいBIMツールにより、BIMコーディネーションを劇的に簡素化し、スピードアップします。私たちの目的は、コラボレーションを強化し、日々の作業に費やす貴重な時間を節約し、現場チームがより効率的に作業できるようにすることです。

この使いやすい3Dツール群は、BIMをよりセルフサービス的な機能にします。チームは、オフィスでも建設現場でも、設計意図と現況を比較することができます。さらに、現場チームは、Googleストリートビューをナビゲートするのと同じくらい簡単に、現場の状況をナビゲートし、プロジェクトのモデルと比較することができるため、現場で日常的に起こりうる典型的な行き違いをすることなく、迅速に質問に答え、問題を解決することが容易になります。合理化されたワークフローにより、VDCマネージャーなどは、重要なパスアイテムに集中する時間を取り戻すことができます。

 

 

 

OpenSpace BIM+によるコーディネーションの変革

OpenSpace BIM+は、OpenSpace Captureの上に構築されており、画像とモデルを活用することでコミュニケーションを変革します。チームは、BIMとas-builtを表示して比較し、OpenSpace内でチームメンバーと直接調整することで、より効率的にアクションを起こすことができます。OpenSpace BIM+は次のような機能を提供します。

  • 人気の高いBIM CompareおよびField Notes機能と連携して、プロジェクト関係者に関連情報をプッシュし、複数のシステムやプロジェクト管理プラットフォームを通じて、調整を強化します。
  • 分析を強化し、さまざまな種類のデータを公開することで、プロジェクト チームにより大きなコンテキストを提供し、保存されたビューのような新機能でモデルをナビゲートしやすくし、構築時と設計意図を比較する機能を簡素化します。
  • 保存されている場所からモデルをインポートし、複数のモデルを関連付けることで、モデル管理を向上させる そして、モデルの使用状況レポートにより、プロジェクトチームがどのようにモデルを使用し、採用しているかを可視化する。

私たちのアーリーアクセスプログラムを通じて、このエキサイティングな技術の詳細を知り、いち早く使用してください。また、デモのお問い合わせも可能です。建設現場で、設計意図と現況を比較することもできます。さらに、現場チームは、Googleストリートビューをナビゲートするのと同じくらい簡単に、現場の状況をナビゲートし、プロジェクトのモデルと比較することができるため、現場で日常的に起こりうる典型的な行き違いをすることなく、迅速に質問に答え、問題を解決することが容易になります。合理化されたワークフローにより、VDCマネージャーなどは、重要なパスアイテムに集中する時間を取り戻すことができます。