OpenSpaceの進捗状況追跡機能- 詳細はこちら

plan 2 icon
OpenSpace プロジェクト版

最も迅速かつ簡単な工事現場の
完全記録作成・把握方法

1時間当たり15000平方メートルをハンズフリー撮影し、写真を自動的に間取り図に配置します。また、AI分析ツールやBIM統合を利用して、簡単に作業を遂行することができます。

使用を開始する

OpenSpace プロジェクト版はハンズフリー全自動工事現場撮影が可能な、市場の最先端を行く映像記録作成ソリューションです。OpenSpace視覚エンジンにより、映像のマッピング処理からデータの公開まで15分以内に完了します。シンプルでパワフルな分析ツールを使用して重要な情報をその場で生成し、リアルタイムで作業を進めることができます。

OpenSpace プロジェクト版では、完全な進捗状況記録の作成、進捗状況の分析、問題の分析など、プロジェクトに必要なすべての機能を提供しています。また、これらの機能により、リスクの軽減、係争や齟齬の解決も図れます。

OpenSpace プロジェクト版では以下の機能を使用できます:

360° 撮影

携帯電話を360°
カメラに接続して360°写真と動画を生成

  • 360° 写真
  • 360° 動画
撮影スピード

1時間当たり15000平方
メートルの撮影が可能

  • 1k 平方メートル
  • 15k 平方メートル
連携とエクスポート

Procore、PlanGrid、BIM360との連携;
PDFおよびJPG形式でエクスポート可能

  • 連携
  • エクスポート
VDCツール

工事現場の状況を比較し、
具体的なデータを共有

  • BIM比較
  • 共有フォルダ
企業サポート

充実したサポート、
新規導入プロセスの高速化

  • プレミアムサービス
  • 企業ロゴの付いた報告書

OpenSpaceプロジェクト版の機能

OpenSpace プロジェクト版にはOpenSpaceベーシック版の全機能に加えて、
さらに多くの機能が搭載されています。

360°動画自動撮影

360°カメラを付けて、スタートをクリック。そのまま現場全体を歩くだけで、当社の映像記録作成プラットフォームが0.5秒ごとに映像を取得し、画像データを間取り図上に自動配置します。OpenSpace視覚エンジンは継続的に学習・改善されるよう設計されています。ほとんどのプロジェクトで、撮影・記録を数回行うとデータの処理が10~15分以内に完了するようアルゴリズムが改善されるため、長時間待つことなく、現場ですべてを完了できるようになります。

現場ノート機能

OpenSpaceの現場ノート機能を利用することで、現場を歩きつつ携帯電話で問題箇所を記録することができます。これらの記録はプラットフォームが自動的に間取り図上に配置しますので、「パンチリスト」「観察」「RFI」などを迅速に実施できます。

連携

OpenSpaceは日常的に使用する既存ツールと連携可能ます。OpenSpaceをProcore内のホームページから直接閲覧し、「RFI」や「観察」などにデータを直接エクスポートできます。重複作業も煩わしい作業も必要ありません。

簡単にデータを共有

OpenSpaceでは映像記録データを把握してデータを自由に共有できるほか、カスタマイズビュー機能を使用して、共有するデータを制限することも可能です。また、プロジェクト受け渡し用に工事のデジタル記録も提供しています。OpenSpace搭載の自動レポート機能を使用すれば、たったの数クリックでPDFレポートが生成できます。

BIM比較

​VDCツールを使用して、現場の実際の状況とBIMモデルを比較できます。BIM比較はクラウドプラットフォームに基づいており、レイヤーのオン/オフや高速測量などさまざまな機能を使用してモデルを管理することができます。

ユーザー管理ツール

貴社の事業拡大を助け、瞬時に数百人のユーザーを追加します。管理者向けのダッシュボードであるこのツールでは、複数のプロジェクトにまたがる無数のユーザーを簡単かつ瞬時に追加 / 削除できます。CSVで一括アップロードしたり、オートサジェストで表示されるユーザーを招待したり、メールリストをコピーして貼り付けたりするだけで、OpenSpaceに追加できます。

OpenSpace ClearSight™

OpenSpaceを使用することで、必要なデータを確実に収集できるようになります。
また、OpenSpace ClearSight™により、現場の状況に対する理解を深めることができます。

進捗率100%を素早く達成

進捗状況確認機能により、進捗率や設置台数、作業箇所などの情報を迅速に確認できます。日次や週次の共同会議に最適です。

作業時間と効率性の追跡

効率性追跡機能により、建設速度を客観的に測定することができます。クリック操作ですべてのデータをエクスポートし、PowerBIおよびその他の分析ツールで使用できます。

プロジェクト全体の進捗状況追跡

OACと現場監督による週次共同会議の主軸となるデータです。概要表により、プロジェクト内の各請負業者の作業進捗状況をすぐに把握できるため、作業の促進、問題の解決、プロジェクトの遅延および予算超過の回避を図ることができます。

3D表示

ドールハウス表示機能を使用すると、部屋や廊下を拡大表示して確認できるため、進捗に影響を与える要因を正確に分析できます。施工主に対する進捗状況の更新に最適です。

OpenSpace プロジェクト版について、詳しくはこちら

デモ版のお申し込み

OpenSpaceを複数のプロジェクトまたは現場で使用しますか?
そのような場合にはOpenSpace エンタープライズ版がおすすめです。